初心者だからこそ基本を学んでF1歴史を知っていこう

初心者の方に必見

こちらでは改めて、F1についてを説明しています。F1とは略式ではよく耳にする呼び名ですが、意外と知らない正式名称や歴史などを詳しく紹介しています。他にはルールの違いや厳しい内容についてふれています。

基本知識を学ぶ

F1

F1とは?

F1観戦が趣味な方が増えてきていると思いますが、F1について正しい知識を知って学びましょう。実は「F1」とは略式の呼び方で、正しくはフォーミュラ1と呼びます。フォーミュラの意味は、簡単にいえばルールのことを指します。そして規格の中でも高いレベルを保ったマシンを走らせて競うレースなのです。

歴史を学ぶ

次はF1の歴史を学んでいきましょう。F1はスポーツ観戦の部門でも、モータースポーツに分類されています。そして実に長い歴史を持っていて、初回に行われた大会は1950年となっています。発祥の地であるヨーロッパでは今でも数多くのファンが支えています。

ルールと規格の違い

F1では、ルールをレギュレーションと呼びます。それは規格を表しています。競技では、運転技術やマシンのスペックなどが試合結果に影響します。そのため、ルールと言うより規格を表すレギュレーションのほうが合っているのです。

厳しい決まり

スポーツレギュレーションとは、試合タイムの計測方法から使用可能なタイヤまで、細かな決まりが存在します。他にも運転テクニックまで規定があります。この決まりは毎回変更になりえるのでスポーツにしては、厳しいルールといえます。

安全性を求めた厳しさ

先程説明したスポーツレギュレーションとはまた違う、厳しいルールが存在します。それはテクニカルレギュレーションという、レースの勝敗の取り決めやエンジンの使用まで、さらに細かなルールのことを指します。ドライバーの安全の為にも、強化されているルールが沢山あるようです。